PHILOSOPHY理念

人権を尊重する医療で、
地域の皆さんと健康づくりを。

院長

小松 泰介

出雲市民病院は、昭和25年に前身の「出雲大衆診療所」が開設されて以来、約70年という長い歴史があります。
「市民のための病院を」という地域の人々の願いと、「患者さんの立場でより良い医療を提供したい」という医療従事者の思いから発足した病院です。

私たちの使命は、地域の方々の医療を受ける権利と医療の質を保証し、患者さんに満足していただける医療を提供すること。
そして、生協の組合員の方々とともに住みやすい地域を作っていくために、「医療の立場から何ができるのか」を追求していくことです。
理念としても掲げているこの使命には、終着点はありません。長い歴史の中で培われた地域との信頼関係を基盤に、時代とともに変化するニーズに応えていけるよう、たゆまぬ努力を続けていかなければなりません。

出雲市には島根大学病院や県立中央病院という急性期の大規模病院があり、地域の医院や診療所も数多く存在していますので、医療資源の豊富な地域といえます。そんな環境の中で当院に求められているのは、急性期病院と在宅医療を結ぶ役割です。
また超高齢化社会となる今後は、病気を治療するだけではなく、病や障がいを持ちながら地域で暮らす方々を、いかに支えるかという視点を、職員一人ひとりが持つことも大切です。
各職種としての高度な専門性を持ちながら、地域に積極的に出て行き、住民の方々と関わり合う社会性が必要とされています。

「地域を良くしていこう」「新たなことにチャレンジしたい」。そんな気概を持った医療人と出会えることを、楽しみにしています。