事業所利用委員会

目的と構成

出雲医療生協は、以下の目的のため、理事会のもとに事業所利用委員会を設けております。

組合員にとって医療をかかりやすく、利用しやすいものにすることを
めざします。
安心・安全で、質の高い医療・介護サービスを提供するため
「患者の権利章典」の実現をめざします。
地域住民や組合員の協力協同の力で、事業所の利用結集をはかり、
利用者さんの「医療生協運動」への参加を促進します。

病院への課題、苦情処理を行うだけでなく、組合員と職員が主体的に医療内容や接遇のあり方などを調査し、問題解決を図る。また、病院の運営全般の課題を取り扱う「運営参加」活動に取り組んでおります。

主な委員会構成
委員長(理事)   1名
副委員長(理事) 1名
支部組合員    若干名
患者会      若干名
事務長等の病院代表、外来師長等の現場代表、事務局1名

2010年度の主な活動と取り組み

私たちの利用委員会は、利用者さんに快適な医療をお受け頂くために、様々な取り組みを行っております。

・「患者満足度アンケート」年1回実施
利用者さんから、医療・職員対応・設備などについて、率直な意見をお聞かせ頂いております。

・「上手な受診の仕方・7つのポイント」パンフレットの普及
治療を受けるには、患者さんが[いのちの主人公]・[からだの責任者]としての自覚が大切です。

・玄関、回転ドア、ホールの飾り付け
玄関の門松づくりや回転ドアの利用度を図る目的でドア内を季節折々にテーマを決めて飾る。
また吹き抜けのホールでは、鯉のぼりなどを飾り、利用者さんにホッと一息楽しんで頂ける取り組みを行っています。

・職場懇談・訪問
職場懇談は、各職場長が利用委員会に出席して、業務内容、課題、要望などをお話し頂き、内容は、理事会に報告します。要望などについては、担当部署へ改善が図られるよう求めています。
職場訪問は、職場懇談でお聞きした課題、要望など改善の進捗状況を委員会が見聞して、職場内の見学、現状を話し合って、業務環境の改善を図る取り組みを行っています。

・ラウンドチェック
環境整備と美化の取り組みとして、委員会開催30分前に、事業所の外構、病棟、外来をチェックシートに基づき組合員の視点でパトロールを行います。改善が必要な場合は、直ちに担当部署に改善を求めます。

・他の生協組織への訪問研修会
私たちの委員会では、[先進生協さんから学ぼう]と他生協を訪問し、院内見学や委員会交流をさせて頂いております。(年1回)

PAGE TOP

活動紹介

出雲市民病院 事業所利用委員会の活動をご紹介します。


「患者満足度アンケート」の集計結果
毎年、外来利用者の皆様に満足度アンケートを実施しています。
結果は待合室の利用委員会コーナーに掲示しています。(2013年7月実施)

チャート
患者満足度アンケートのご報告(PDF)


「上手な受診の仕方・7つのポイント」の普及
治療や闘病を続ける上で、「患者自身ができること」「医療従事者がしなければならないこと」お互いの理解を深めることは、とても大切なことです。

チャート
上手な受診の仕方・7つのポイント(PDF)

また、巻末には、医療生協の「患者の権利章典」も載せております。





PAGE TOP

改善の取り組み

投書や委員会からの提案で行った改善の一部をご紹介します。




PAGE TOP

学習会・交流集会などへの参加

主に医療福祉生協連が主催する、学習会、研修会、交流集会への参加を積極的に行っております。

脳いきいき班会(教室)マスター養成講座

事業所利用委員会の今後の活動として、「ボランティア活動」への関与として学ぶ機会には参加を進めています。


脳いきいき班会(教室)マスター養成講座


脳いきいき班会(教室)マスター養成講座
毎年開催される全国の生協での活動交流に参加しています。

PAGE TOP

事業所利用委員会ニュース




出雲医療生協と組合員
出雲医療生活協同組合
民医連の紹介
事業所利用委員会
電子公告
回想法について
職員募集コンテンツ
採用特設サイトへ
ICFM

学生のみなさんへ
医学生の方はこちらから
薬学生の方はこちらから
看護学生の方はこちらから
高校生の方はこちらから
奨学生制度のご案内



関連Webサイト
出雲医療生活協同組合
出雲市民リハビリテーション病院
大曲診療所
松江保健生活協同組合
松江生協病院
松江生協リハビリテーション病院
斐川生協病院
島根民医連
日本医療福祉生活協同組合連合会