理念・いのちの章典

出雲市民病院の理念

一人ひとりの人権を尊重する医療につとめ、地域の皆さんと共に健康づくりをすすめます。



出雲市民病院の中期ビジョン

島根県で最大の「地域包括ケア病院」として、 地域住民が住み慣れた地域で安心して過ごしたいという想いを、全職員で実現します。

  1. 地域包括ケア病棟の最大活用に向け、 全職場がそれを補完し、圏域の急性期病院·施設·開業医との連携を強めます。
  2. 専門職としての技術·知見を日々高め、個人の力量向上に努ことで、 病院全体の医療の質改善を進めていきます。
  3. 「学び合う職員」と「協力し合う職場」を作ることで、働きやすい病院 づくりを目指します。
  4. 組合員との健康づくりや介護予防活動への職員参画、健診事業、無差別平等の医療活動を通じた地域づくりによって「頼られる医療生協」を広めます。
  5. 出雲地域で継続した医療·介護サービスが提供できるよう、必要利益を安定的に確保し、財務の安定化に努めます。

2020年4月


医療福祉生協のいのちの章典

医療福祉生協とは

 出雲市民病院は、日本医療福祉生活協同組合連合会(以下、医療福祉生協連)に加盟しています。医療福祉生協は、地域のひとびとが、それぞれの健康と生活にかかわる問題を持ちよる消費生活協同組合法にもとづく自治的組織です。医療機関・介護事業所などを所有・運営し、ともに組合員として生協を担う住民と職員の協同によって、問題を解決するための事業と運動を行います。


いのちの章典とは

 医療福祉生協連は設立趣意書の内容を基本にして、「医療福祉生協のいのちの章典」(以下、いのちの章典)を策定しました。「いのちの章典」は、憲法をもとに人権が尊重される社会と社会保障の充実を目指す、私たちが大切にする価値観、健康観を基本とした、「患者の権利と責任」を明らかにしたものです。
 組合員として生協を担う私たち地域住民と職員には、いのちとくらしを守り健康をはぐくむために、以下の権利と責任があります。

自己決定に関する権利

私たちは、知る権利、学習権をもとに自己決定を行います。

自己情報コントロールに関する権利

私たちは、個人情報が保護されると同時に、本人の同意のもとに適切に利用することができるようにします。

安全・安心な医療・介護に関する権利

私たちは、安全・安心を最優先にし、そのための配慮やしくみづくりを行います。

アクセスに関する権利

私たちは、必要な時に十分な医療・介護のサービスを受けられるように社会保障制度を改善し、健康にくらすことのできるまちづくりを行います。

参加と共同

私たちは、主体的にいのちとくらしを守り健康を育む活動に参加し、協同を強めてこれらの権利を発展させます。


出雲市民病院のご案内
院長のあいさつ
理念・いのちの章典
病院の概要
関連事業所
地域連携センター
診療科および部門紹介
手術実績
アクセスマップ
職員募集コンテンツ
採用特設サイトへ
ICFM

学生のみなさんへ
医学生の方はこちらから
薬学生の方はこちらから
看護学生の方はこちらから
高校生の方はこちらから
奨学生制度のご案内




関連Webサイト
出雲医療生活協同組合関連施設
出雲医療生活協同組合
出雲市民リハビリテーション病院
大曲診療所
その他関連施設
松江保健生活協同組合
松江生協病院
松江生協リハビリテーション病院
斐川生協病院
島根民医連
日本医療福祉生活協同組合連合会